農産情報

  1. HOME
  2. 農産情報
  3. 2019年09月

農産情報について

イズックスより毎月発行している国内・中国・諸外国の農産情報です。

国内の野菜・果物の生育状況や出荷量、中国の野菜の状況、アメリカをはじめとした諸外国の野菜の状況を毎月お届けいたします。

2019年09月

  • 国内の野菜
  • 中国の野菜
  • 諸外国の野菜

国内の野菜

8月前半は猛暑日が続き、台風上陸等で天候不順の状態となりました。後半多少暑さは和らいだものの局地的な集中豪雨もあり今後は農産物の収穫にも影響が出る可能性があります。

< 北 海 道 >

とうもろこし
8月17日より収穫開始しており、10月上旬までを予定しております。6月、7月の天候不順(長雨、くもり、低温)の影響が心配されましたが、結果それほど影響はなく作柄は例年並みを推移しております。
じゃがいも
収穫は8月より開始しております。生育状況に関しては、玉数は比較的少ないが大玉傾向になっております。
にんじん
現在、加工用原料を栽培しており収穫時期は10月中旬を予定しております。作柄は例年並みの見込みですが、9月、10月の天候次第(台風等)となります。

< 九 州 >

さといも
小さい原料(SSサイズ)は減産見込みに加えて引き合いも多くなっているため、価格上昇が予想されます。生産は9月いっぱいの見込みとなります。
アスパラガス
生産は8月いっぱいまでとなります。ホール原料はなくカット品が主となります。
小松菜
10月初旬から生産開始予定となります。11月いっぱいまで生産する見込みです。
ほうれん草
12月から生産開始予定となります。昨季生産品が多く残っており12月から生産する
加工用は作付け面積が減少する可能性があります。
このページの先頭へ
  • 国内の野菜
  • 中国の野菜
  • 諸外国の野菜

中国の野菜

写真: 写真: 山東省の8月の平均気温は例年に比べやや低くなり、8月中旬には台風も上陸したことで収穫に影響が出ている地域もあるようです。浙江省では、8月の最高気温は平均よりやや高く、最低気温は平均より低くなりました。降雨量は例年より少なめとなっております。

< 山東省 >

ごぼう
春作の収穫は8月下旬より開始、11月中旬頃まで続く予定です。作柄は例年並みです。
にんじん
河北省、内モンゴルの原料収穫は8月中旬から開始しており、9月上旬まで続く予定です。反収は例年並みです。
オクラ
6月下旬から収穫を開始しており、9月いっぱい続く予定です。作柄は例年並みです。
なす
6月末から収穫を開始しており、10月上旬まで続く予定です。作柄は例年並みです。
ピーマン
緑ピーマンは7月下旬から収穫開始、赤、黄ピーマンは8月下旬より開始予定です。作柄は例年並みです。
冬  瓜
青ピーマンは7月下旬から収穫開始、赤、黄ピーマンは8月下旬より開始予定です。作柄は例年並みです。
かぼちゃ
主産地である東北地方は雨が続いており、収穫が約1週間遅れております。9月初旬に収穫を予定ですが、例年と比べ減産となる見込みです。

< 浙江省・江蘇省 >

えだまめ
むき枝豆の加工も始まっております。台風の影響で原料価格は一時上昇していましたが、その後落ちついきております。生産は9月半ばまでを予定しております。
なす
収穫および加工を開始しており、9月末までを予定しております。原料価格は例年並みを推移しております。
レンコン
先日上陸した大型台風の影響で主産地である江蘇省の一部圃場では茎が折れる等の被害が出ております。そのため反収が減り全体の原料価格が上昇する可能性があります。収穫および加工は9月からの開始予定となっております。
このページの先頭へ
  • 国内の野菜
  • 中国の野菜
  • 諸外国の野菜

諸外国の野菜

写真: 写真:

エクアドル

ブロッコリー
平年並みに推移しております。
このページの先頭へ
  • イズックス株式会社東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル15Ftel:03-5434-7061fax:03-5434-3215お問い合わせはこちら